電話問合せご予約

沖縄青の洞窟シュノーケリング、カヤック、サップ後におすすめの観光スポット

青の洞窟シュノーケリング、カヤック、サップ後におすすめの沖縄の観光スポット「おんなの駅 なかゆくい市場」をご紹介させて頂きます!

この「おんなの駅 なかゆくい市場」は青の洞窟シュノーケリングの真栄田岬から3.6km車で8分の場所にあります。

「おんなの駅 なかゆくい市場」では色々な種類の沖縄ならではの食事も楽しめますし、色々なお土産や、沖縄の野菜等が販売されています。それらをご紹介させて頂こうと思っているのですが、先ずは青の洞窟シュノーケリング、カヤック、サップをお楽しみ頂いた後のすきっ腹を満たして頂く為のお食事コーナーからご紹介させて頂きます!
「おんなの駅 なかゆくい市場」の食事コーナーは1軒1軒、お店の中に入って食べるのではなく、お店の外にテーブルと椅子が置かれており、フードコートの様になっていますので、1軒のお店からだけではなく、色々なお店から好きな物を買って食べる事が出来ますので、青の洞窟シュノーケリング、カヤック、サップ(何度も出てきます。。)を体験して頂いた後のすきっ腹にはたまりません。それではお店のご紹介をさせて頂きます。

まず1軒目にご紹介させて頂くのは「恩菜食房 ぴぱら」です。沖縄といえば「沖縄そば」ですが、この「恩菜食房 ぴぱら」では色々な種類の沖縄そばを食べる事が出来ます。通常の三枚肉そばは勿論の事、豚の軟骨をじっくりと煮込んだ軟骨ソーキそば、本ソーキそば、ソーキを炙った炙りソーキそば、二種類のお肉がこれでもか、と乗っかっている二又そば等があります。そして、各そばメニューにプラス100円で、ジューシーという沖縄の炊き込みご飯もセットに出来ます。なんだかこのセットだけで青の洞窟シュノーケリング、カヤック、サップをご体験頂いた後のすきっ腹も、いっぱいになってしまいそうですが、次のお店を紹介させて頂きましょう。

次にご紹介させて頂くのは「沖縄名物 豚足専門店 豚三郎」です。この「沖縄名物 豚足専門店 豚三郎」はその名の通り、豚の足であるてびちを販売しているのですが、ここのてびちには特色があるんです。通常のてびちだと、ほとんどが煮込みになるのですが「沖縄名物 豚足専門店 豚三郎」のてびちはなんと、唐揚げされているんです!

その名もずばり「てびち唐揚げ」。じっくりと6時間煮込んだ後で、高温の油でカラッと揚げていて、通常のてびちとはまた変わったサクサクとした食感に仕上がっています。そして秘伝の南蛮黒酢たれがからめられていて、カラッと揚げられたてびちとの絶妙なハーモニーを奏でています。(ちょっと無理してお洒落風に言わせて頂きました。)

この「てびち唐揚げ 南蛮黒酢たれ」は青の洞窟シュノーケリング、カヤック、サップ(大人の事情ですいませんm(__)m)の後のすきっ腹にはおすすめしたい一品であります、はい。おんなの駅にはまだまだお店があるのですが、長くなってしまいましたので今回はこれにて終了とさせて頂きます。最後までお読み頂きまして、ありがとうございました!
青の洞窟シュノーケリング、カヤック、サップの体験は琉球マリンにおまかせ下さい!