電話問合せご予約

青の洞窟と言えば、沖縄!その神秘的なる青さの秘密について

                
皆さん、青の洞窟という言葉を耳にした経験はおありでしょう。
有名な物だと、渋谷、イタリア、沖縄の青の洞窟等などですね。
渋谷のは青いイルミネーションで作られた物ですが、イタリア、沖縄の青の洞窟はともに海の中にある洞窟です。

沖縄の青の洞窟は観光雑誌はもちろんの事、テレビや雑誌等でも頻繁に取り上げられ沖縄を代表する観光スポットになっています。
ここ数年では海外の方々の間でも有名になっており、毎年多くの方が海外からも沖縄の青の洞窟を見に来られる様になりました。
特に夏場に来られる方が多く、夏はかなりな賑わいぶりです。

ではこの大人気の沖縄の青の洞窟とはどういう物なのかを少しご説明させていただきます。
沖縄には琉球石灰岩と呼ばれる岩が沢山あります。この琉球石灰岩は温かくて綺麗な海に恵まれた沖縄ならではの物でして、沢山の珊瑚が積み重なり、長い時間をかけて出来たものです。
青の洞窟もこの琉球石灰岩で出来ています。
珊瑚から出来た琉球石灰岩は、他の岩と比べると柔らかく、浸食され易い性質である為、波や風雨により侵食された琉球石灰岩の洞窟が沖縄にはかなりの数あります。

沖縄に数多くある洞窟ですが、そのほとんどは陸上か海底にあり、青の洞窟のように海と陸の両方にある洞窟はとても少なく、貴重な存在です。
そんな数少ない洞窟の中でも、この青の洞窟は自然の力によって出来た絶妙な洞窟の形により、他では見る事の出来ない光景を作り出しているのです。
そして、更に自然の光との奇跡的な調和によって水中だけではなく、水面までもが青く神秘的に輝いて見えるのです。

何故、青の洞窟は青く輝いて見えるのかを少しご説明させていただきましょう。
地球に届く太陽の光は無色の様に見えていますが、実際にはいろいろな色の光によって構成されています。
光の色の違いは、光の波長の違いによって決まります。波長は青、緑、赤の順に長く、長い波長の光は水の中を進むと徐々に吸収され失われていきますが、波長の短い青い光は吸収されにくいため青い光が強く残ります。

そして青の洞窟内ではこの青の光の波長と、青の洞窟の特殊な形状の調和があります。どの様に調和しているかと言うと、洞窟の入口の海から上に出ている部分は岩により太陽の光が入りづらく薄暗い状態であり、海の中にある入口部分では岩が侵食されて大きく開いており、大量の光が入って来られる状態です。

そして、青の洞窟の底部にはこれまた珊瑚によって作り出された白い砂があり、この底にある白い砂に太陽の光が反射して水面に戻って来る事によって、赤や緑等の他の光が海水に吸収されていき、青の光が強調されるわけです。
そして洞窟内部の海から上が暗くなっている事と合わさりあって、更に神秘的な青さが生み出されています。
これが青の洞窟の青さの秘密です。

ぜひとも、一度はこの自然が作り出す環境が幾つも重なり合い織りなす、青の洞窟の神秘的な青さをご体験下さいませ!
お読み頂きましてありがとうございました。